西安金橋国際旅行社(中国金橋国際旅行社西安支社)

中国西部内陸歴史を語る遺蹟情報満載!

 西安金橋国際旅行会社<中国金橋国際旅行会社西安支社>(国家旅遊局授権国際旅行業務資格登録番号:L-SNX-GJ00011)  
 安心と信頼の金橋 中国金橋国際旅行会社は1984年設立された中国第一類旅行会社です、中国全国に支社が約30社もあり、英語、日本語、フランス語などの多くの優秀なガイド、通訳者がいます。 「お客さんを第一」、「サービスを第一」が弊社のモットーです。
 特に西安金橋国際旅行会社<中国金橋国際旅行会社西安支社>は西安を中心に中国西部、内モンゴル(フフホトなど)、山西省(運城など)、河南省(洛陽など)、四川省(広元など)、陝西省(西安、宝鶏、延安、楡林など)、寧夏自治区(銀川など)、甘粛省(蘭州、武威、張掖、嘉峪関、敦煌など)、新疆ウイグル(ハミ、トルファン、ウルムチなど)、青海(西寧など)、チベット自治区(ラサなど)などの過去の歴史を語る遺跡、シルクロード遺蹟、三国志遺跡、仏教石窟寺院遺跡、唐代大詩人の足跡などを辿る格安観光旅行サービスを提供しております。
 豊富な経験と実績を誇る西安金橋国際旅行会社<中国金橋国際旅行会社西安支社>は格安旅行を安全かつ円滑に実施するために力を入れております。中国内陸の旅は安心・安全・信頼・格安の西安金橋国際旅行会社にお任せ下さい。詳しくはメールにてお気軽にお問い合わせ下さい!
 世界中を深く案内してくれることでも有名な「地球の歩き方」にも弊社を掲載させていただきました。2013-2014年版、2016-2017年版、2018-2019年版「地球の歩き方 西安 敦煌 ウルムチ シルクロードと中国西北部」の旅行会社のご案内欄に掲載をさせて頂きました。
 これを励みに、今後もお客様にご満足いただけるサービスの提供を目指し、より一層精進して参ります♪
 中国西部現地旅行社(中国全土旅行代理店):西安金橋国際旅行社
 担当者:倪小軍、電話:0086-29‐83710118、携帯:0086-137‐7219‐2936(24時間)
 住所:中国陝西省西安市西大街安定広場4-3-418、3-A-503
 メールアドレス:xiaojunn@gmail.com(日本語可)
 お客様からの声:http://www.goods568.com/voice/guestvoice.htm
 お役立ち西安旅行観光情報満載ブログ:
 http://d.hatena.ne.jp/xiaojun/
 http://d.hatena.ne.jp/xian_golden_bridge/
 https://wagamamatabi.muragon.com/

崋山(すごくお薦めしたい中国の観光スポット!)

2016年8月初旬、友人が日本から遊びに来てくれたので、一緒に西安へ行ってきた。



今回の旅でどうしても私が行きたかったのは華山。


孫悟空が閉じもめられていたと言われる山で、中国の山の中で一番危険とも言われている。


行きたい行きたいと言っても、日程的に厳しく、バスや鉄道を使って行くにも限界があったため、
西安金橋国際旅行会社さんへお願いすることに。
実は、2013年に一度西安・兵馬俑の旅をアレンジしていただいたことがあり、また西安へ行くことがあったら絶対に
西安金橋国際旅行会社の倪さんにお願いしようと決めていた。
今回は、華山へ行くための車のみの手配(ガイドさん無し)を依頼したが、迅速かつ丁寧な対応に友人も私も
終始感動しっぱなしだった。
メールで送られてきたスケジュール案も的確で、とにかく詳しく、安心して華山へ向かえた。


華山は、西峰、南峰、東峰、北峰に分かれていて、私たちは西峰の麓から途中まで2013年に
新規開通したロープウェイで登った。
そして、4時間かけて西→南→東→北の順に縦走し、最後は北峰からロープウェイで下山したけど、
想像より歩きやすく、前後でロープウェイに乗れば縦走はそんなに苦ではなかった。
と思ったのは私だけだったようで、友人は山道にずっと続く階段がきつかったらしく、楽ではなかったようなので
感想は人それぞれだと思う。


まずは、入山料を払って、バスで一時間かけてロープウェイ乗り場まで移動。

西峰のロープウェイは絶景を眺められるおススメコースらしいけど、高所恐怖症の私には


ただただ恐怖でしかなかった。。
90度感覚で上がっていくその様子は、どんなアトラクションよりも迫力十分。
6人乗りで私たち2人以外は韓国人観光客4人。恐怖でおののく私のために、韓国人の皆さんが
私のカメラで私と友人をたくさん撮影してくれた。。
恐怖で変な汗をかきながら自力で撮影

約20分の乗車を終え、目の前に広がる絶景はあまりにもすごくて、言葉にならなかった。

西峰から南峰へ向かう途中も終始感動しっぱなし。


疲れなんて感じている暇はなかった。

最高峰となる南峰の標高は2,160m。


花崗岩の岩場を削って、無数の石段が作られており、一部には断崖絶壁の上に作られた20cm
ほどしかない足場や桟道を通って行かねばならない場所があり、宗教聖地として、格段の険
しい山として知られる。(ウィキ参照)
まさにコレ。命知らずとしか思えないこの絶壁を行き来する中国の方々。

友人も私もここを歩く勇気はなく、眺めるだけで精一杯だった。


写真には撮れなかったけど、命綱を付けて歩く足場20㎝の絶壁なんて想像するだけで震える。


そして、東峰も踏破。


この頃には友人も私も膝から下になぞの震えが。


疲れというより、絶壁を見過ぎての恐怖?それが震えになっていたような気がする。


北峰へ向かい、最後の華山を堪能した。

この写真の中央下あたりに写る北峰のロープウェイ乗り場から乗って下山した。


ちょっとマニアックな旅先かもしれないけど、すごくお薦めしたい中国の観光スポット!
友人も私も大満足の一日だった。



入山から下山までに必要なチケット

何より、無事行って帰ってこれたのは、倪さんはじめ、親切なドライバーさんがいてくださったからこそ。


本当に感謝感謝です!ありがとうございました。


===終わり===