中国歴史の勉強になる旅行

こんにちは、西安金橋国際旅行社の担当者、倪と申します、皆様に中国史の勉強になる旅を少しずつご紹介致します、
何かご希望(ご要望・リクエスト)もございましたら、お気軽にxiaojunn@gmail.com までお声をおかけくださいませ。

「牡丹の城」 洛陽市で牡丹の花が満開

河南省洛陽市は「牡丹の城」とも呼ばれています。

ここ数日で、洛陽市の牡丹の花は満開となり、最盛期を迎えました。

洛陽市内にある十数カ所の花見の名所が、全国各地からの観光客を集め、魅了しています。洛陽市の牡丹は形が大きく、1000あまりの品種があり、赤、白、ピンク、黄色、紫、青、緑、黒、複合色という9つの色があります。(殷、謙)




菜の花畑を疾走する列車 西安 陝西省






陝西省寧強県大安鎮の菜の花畑の中を4月2日、小列車「幸福郷村号」が疾走している。西部網が伝えた。



目下、菜の花の季節真っ只中だが、漢江の源流に位置する寧強県大安鎮の数百ヘクタールにわたる段々畑に菜の花が咲き誇っている。辺り一面を黄金に染める菜の花の間を陽(平関)安(康)鉄道がちょうど通り過ぎている。菜の花畑を疾走する列車はこの上なく美しい景色を描き出している。「人民網日本語版」より