中国歴史の勉強になる旅行

こんにちは、西安金橋国際旅行社の担当者、倪と申します、皆様に中国史の勉強になる旅を少しずつご紹介致します、
何かご希望(ご要望・リクエスト)もございましたら、お気軽にxiaojunn@gmail.com までお声をおかけくださいませ。

日本の五円玉は古代中国に繋がる、

中国史において、春秋戦国時代は紀元前770年に周が都を洛邑(洛陽の西)へ移してから紀元前221年に秦が中国を統一するまでの時代である。

中国史において、春秋戦国時代は紀元前770年に周が都を洛邑(洛陽の西)へ移してから紀元前221年に秦が中国を統一するまでの時代である。この時代、周が東周と称されることから、東周時代とも称される。紀元前403年に晋が韓・魏・趙の3国に分裂する前を春秋時代、それ以降を戦国時代と分けることが一般的である。春秋時代の半ばごろまで邑(村落)が中国内に200以上点在し、邑と邑の間の土地は必ずしもその国の領域に属していなかった。また周(及び周の諸侯)に服属しない異民族が多数存在していた。しかし時代が下るにつれ、そうした点と線の支配から面への支配となった。 


政治の面では法治国家の胎動であり、孔子・孟子・老子・孫子などの諸子百家の出現で、人間としても基本思想が出来上がった。要は、現代21世紀の人類にとって科学文明を除く大半が、この春秋戦国時代に完成したのだ。筆者はその中で貨幣経済の変遷を多くの文献から調査したが、辺境の西戌と言われた「秦」が、「中華」と言う大理念を現在まで伝える国家となったことに驚きを感じる。日本の穴あき「五円玉」硬貨ですら、秦に繋がると思うと実に楽しい反面、怖い一面も見えてくる。 


中国で最古の貨幣は南海産の子安貝であった。殷代の墓中から多数発見されている。青銅器時代になると、子安貝と同形状の銅貝貨が作られるようになった。その後、農耕具に似た青銅貨幣が使われ始めた。どちらかと言うと鉄板焼やお好み焼で使う「ヘラ」に似た形状だ。ヘラの先に穴があり、そこに木製の柄を入れるが、そこを「●(qiong、●=恐の心が金」と言う。それが「銭:qiang」になったといわれている。


円銭には中央部が円孔の「円孔円銭」と中央部が四角孔の「方孔円銭」の2種類がある。三晋(紀元前403年に晋が魏・韓・趙に分裂)の一つ魏で作られたのを起源にする。中央部の円孔は当初は小さいが、時代とともに大きくなっている。「方孔円銭」は戦国晩期、秦を起源とする。秦が中国を統一する過程で、東部の斉や東北部の燕においても普及した。貨幣に書いてある漢字は場所を示したものから重量を記載するように変化していく。円銭の起源は宝石や装飾品である。玉以外に石や貝殻もあり、中央に穴をあけた物で殷の時代は富の象徴(ネックレスなど)であった。その後青銅金属で鋳造され、円穴の利便性から小型化が図られた。


(写真1)左は代表的な魏の「共」字円銭である。漢書地理誌によると、載河内郡に「共県」現在の河南輝県の地名、直径4.4センチで15グラムにもなる大型貨幣である。(写真1)中央「黍垣一釿」、黍垣とは漢書地理誌によると、上郡蜀県に「漆垣」という地名がある。現在の陝西省銅川の地域名で、直径3.7センチ、重さは12グラムである。時代的には紀元前312年頃にあたる。(写真1)右が「襄陰」、襄山の北、現在の山西省ゼイ城北(ゼイ=草かんむりに内)になり、直径3.5センチ、重さ11グラムの円穴円銭である。


秦は西の辺境にあったがため、中原の貨幣経済からかなり遅れていた。(写真2)左から「重一両・十四・一珠」「重一両・十二・一珠」であるが、十四・一珠は楚の銅貝10個と十二・一珠は魏の二釿布と交換を可能とし、隣国との互換性があるように重量を記載した貨幣であった。他国の貨幣は発行の地名を刻印するが、秦は重量単位を刻印して他国との同等であることを証明したのだ。いずれも直径3.8〜4センチ、重さ12〜15グラムになる円孔円銭の大銭である。


秦は暦の統一・文字の統一・度量衡の統一・貨幣の統一などを行い、中央集権政権を確立、その後、2000年間清王朝まで及ぶ政治体制の基礎を築いた。方孔円銭「半両」による貨幣の統一は、その後東南アジアを含むアジア各国の貨幣が同じく方孔円銭になったという点で非常に画期的な出来事だ。古代中華では宇宙は円であり、大地は四方であることからこの形状が使われたという。


秦は他国に先駆けて円銭貨幣を発行、「両銖制」を採用した。1斤=16両(249.6グラム)、1両=24銖=15.6グラムとなり、半両は7.8グラムの重さとなる度量制であった。これは魏の布銭や楚の銅貝との互換性(交換性)から貨幣に重量を記載した。(写真3)左は秦が統一貨幣として使用した「半両」である。半両は、始皇帝が中国統一後も貨幣制度の中心となった。始めは重量が重要であった秤量貨幣であるが、秦が強国になるにつれ、重さより一個あたりの価値が定まり数量で管理する個数原理性へと変わって行く。(写真3)中央が秦の近隣で使われた「両シ(シ=緇の糸なし)」である。シとは重量を表し、12銖=両シとなり、秦の半両と同じであるということである。(写真3)右が文信という、同じく地方で発行された貨幣である。文信とは秦の宰相「文信候呂不韋」でこの貨幣は文信候の封地で作られたものだ。直系2.3センチ、重量2〜2.5グラムと小さい(写真の貨幣はいずれも著者収集品)。


■筆者プロフィール:工藤和直
1953年、宮崎市生まれ。韓国で電子技術を教えていたことが認められ、2001年2月、韓国電子産業振興会より電子産業大賞受賞。2004年1月より中国江蘇省蘇州市で蘇州住電装有限公司董事総経理として新会社を立上げ、2008年からは住友電装株式会社執行役員兼務。蘇州日商倶楽部(商工会)会長として、日中友好にも貢献してきた。

西安発着、西周先王故里日帰り、太公望の墓など西周足跡1日旅行

西安発着、西周先王故里日帰り、西周の足跡1日旅行
--------------------------------------------------------------------------
后稷の曾孫、西周の先王の墓

周王朝初代武王の曾祖父である古公亶父によって築かれた城

西周早期村落遺跡

周文王の墓

周武王の墓

太公望(呂尚、姜子牙、斉の始祖)の墓

お客様の人数やご希望などにあわせてお見積りいたします。
お問い合わせやお申込みなどは下記担当までお気軽にご連絡ください。
------------------------
西安金橋国際旅行会社<中国金橋国際旅行会社西安支社>
経営許可証号: L-SNX-GJ00011
〒710002 西安市西大街安定廣場 4-2-418;3-A-503
日本語担当:倪 (ゲイ) 小軍
メール(日本語可):xiaojunn@gmail.com、goods568@yahoo.co.jp
緊急連絡:+0086 13772192936 (携帯電話、24時間対応、日本語可)
固定電話:+0086 29-85657531(08:30~18:30,日本語可)
FAX:+0086 29-87611350(24時間対応,日本語可)
緊急のご用件についてはお電話でご連絡ください。
-----------------------------------------------------------

西安発着,CRH新幹線・高速鉄道で行く,街亭日帰り,三国志遺跡1日旅行,お得なツアー

西安発着,CRH新幹線・高速鉄道で行く,街亭日帰り,三国志遺跡1日旅行,お得なツアー
Ⅰ日程:
朝6:00、日本語ガイドが西安市内のお泊りホテルロビーでお迎えします、
お迎え後、日本語ガイド付き専用車で西安北駅へ<1時間強>。
西安北駅着後、紙チケットの引き換えやチェックインなどもお手伝いします、
日本語ガイドと共にD2671<07:42発09:43着>CRH新幹線・で秦安へ<約2時間>。
秦安駅着後、日本語ガイド付き専用車で隴城へ<2時間弱>、
昼食はイスラム族の牛肉ラーメンをお楽しみ下さい。
昼食後、街亭古戦場などをご案内します。

----------------------------------------------------------------------
⁂街亭の戦いは、228年、諸葛孔明の第一次北伐遠征時に行われた。 街亭の守備を任された馬謖が孔明の指示を無視して敵軍の進入路ではなく、 山のほうに登ってしまったがために、張郃率いる魏軍に馬謖は大敗を喫し、 孔明もそれ以上、遠征の続行を諦め、 無念の撤退をせざるを得なくなってしまった。
----------------------------------------------------------------------
終了後、専用車で秦安駅へ、
秦安駅駅着後、紙チケットの引き換えやチェックインなどもお手伝いします、
日本語ガイドと共にD2666<16:43発18:46着>で西安へ<約2時間>。
西安北駅着後、日本語ガイド付き路線バスと地下鉄などにてホテルへ<1時間強>。
お泊りホテルに着くのが20:00頃になりそうです。
ホテル着後、終了、解散となります。
Ⅱ料金
2名様より催行、お一人様あたりは1620元です、
1名様より催行も可能ですが、お一人様は2790元となります。
⁂2名以上の場合は別途、さらにお安く見積もらせて頂きます。
⁂祝日<元日、旧正月:2月中旬、清明節、ゴールデンウィーク、端午節、中秋節、国慶節、年末年始など>は料金が変動する場合がありますのでお問合せ下さい。
Ⅲ料金に含まれるのは
①西安での専用車代と地下鉄代及び路線バス代②西安~秦安間の往復CRH新幹線・高速鉄道2等座代③秦安での専用車代④昼食<イスラム族の牛肉ラーメンなど>代➄入場券不要⑥全行程日本語ガイド料、仕事中のガイドのCRH新幹線ん・高速鉄道代も含みます。
⁂この他、夕食代は別途、その時にお支払いして頂いています。
Ⅳお支払い
当日に、現金でのお支払いをお願いします、弊社発行領収書をご用意します。
⁂お支払いについて日本円でのお支払いやご両替も受け付けております,
⁂当日の中国銀行の為替レートでの換算(交換)を行います。
付注:
「现汇买入价」はトラベラーズチエックでの外貨から人民元の両替レートです。
「现钞买入价」は現金(紙幣)での外貨から人民元の両替レートです。
※当日の「现钞买入价」(現金での外貨から人民元)の両替レートで換算を行います。
※お釣りが生じた場合は,中国元でのご返金となりますので,ご了承お願い致します。
※銀行で硬貨の交換ができなくて,硬貨でのお支払いを受付けません,ご了承下さい。
Ⅴこの他
ツアー名:西安発着,CRH新幹線・高速鉄道で行く,街亭日帰り,三国志遺跡1日旅行,お得なツアー
ツアーコード:GTB20180121
催行日:毎日
最小催行人数:2名様より<2名以上の場合は、別途お見積もらせて頂きます>
所要時間:06:00~20:00
食事条件: 昼食のみ付き
ガイド: 日本語のガイドが全行程に同行いたします。
お申込み期限:CRH新幹線・高速鉄道のチケットを確保できるよう一週間前まで
お申込みの流れ:
①お決まりになり次第お手配します→②お手配済み次第PDF手配書をPCメールにてご送付します→③PDF手配書をご確認の上に、お収め下さいます様お願いします。
Ⅵキャンセル料
電車チケット発券後・・・500元/名様
ツアー催行前日・・・50%
ツアー催行当日・・・100%
催行旅行社:西安金橋国際旅行会社<中国金橋国際旅行会社西安支社>
Ⅶ付注:
※ご旅費を節約するために、電車は2等席をお手配させて頂きます、ご了承下さい。
※座席は連番で確保できませんが、ご乗車後、他のお客様とご相談してください。
※秦安での交通手段は専用車です。
※ご宿泊場所によって、ホテルお迎え時間が異なります。
Ⅷ新幹線<高速鉄道>利用について
全土【実名制」が実施され、乗車の際、乗客のパスポート提示が必要です。ご予約の際もパスポートコピーを弊社にPCメールで送付する必要がありますので、ご了承ください。
====================
その他、何かご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせやお申込みは下記担当までお気軽にご連絡ください。
------------------------
西安金橋国際旅行会社<中国金橋国際旅行会社西安支社>
経営許可証号: L-SNX-GJ00011
〒710002 西安市西大街安定廣場 4-2-418;3-A-503
日本語担当:倪 (ゲイ) 小軍
メール(日本語可):xiaojunn@gmail.com、goods568@yahoo.co.jp
緊急連絡:+0086 13772192936 (携帯電話、24時間対応、日本語可)
固定電話:+0086 29-85657531(08:30~18:30,日本語可)
FAX:+0086 29-87611350(24時間対応,日本語可)
緊急のご用件についてはお電話でご連絡ください。
-----------------------------------------------------------