中国史の勉強になる旅行

こんにちは、西安金橋国際旅行社の担当者、倪と申します、皆様に日本語ガイド付きチャーター車ご利用して中国史の勉強になる旅をご紹介致します。何かご希望(ご要望・リクエスト)がございましたら、お気軽にxiaojunn@gmail.com までお声をおかけくださいませ。

2017年旧正月の西安城壁上の提灯祭り(3月5日までに)

2017年旧正月の西安城壁上の提灯祭り(3月5日までに)は17:30-21:00に南城壁で行っています。出入り口は南門(永寧門)、文昌門、和平門です。入場料は60元~100元/人です。混雑を避けるため、和平門から城壁に上がり→永寧門から城壁を下るのをお勧めします。






湖北省、湖南省の三国志遺跡を巡る2(赤壁~武漢)

黄蓋が水軍を演習していたことに因んで名付けられた黄蓋湖の水門です

黄蓋寺

黄蓋湖

陸城の陸遜像

豆腐

昼食

上記は洞庭湖と岳陽楼(魯粛の閲兵楼)の写真です

魯粛の点将台


小喬墓

当時ここは周瑜軍府の花園だったという

真中のトンネルは門道でした

岳陽の魯粛様のお墓

岳陽の周瑜様のお墓

孫尚香の望夫台

上記は長江を渡るフェリーの写真です

葬式

華容古道

放曹坡(赤壁で敗れた曹操が敗退する時に、関羽が待ち伏せしていたところでした)

烏林寨(烏林古戦場)

曹公祠(曹操に向かい、左から張郃,許褚,荀彧,曹操,曹仁,李典,張遼の順番に並んでいる)

曹操の 軍議や号令を担当していた場所だそうです。

万人坑、曹操軍の死体を埋めた場所だと言われております

香山宮(道観)

魯公台:魯粛は周瑜の後を継いで陸口に駐屯すると、州陵など4つの邑を管轄した 。 そのころ、よくこの場所に兵を置いたようだ。 烏林の戦いの後も、ここに軍を駐留させ たという。

近くの丁奉廟

呉王古廟

白衣庵:呂蒙の白衣渡江を記念した建物

禰衡墓

関羽が武昌の伏虎山に駐屯しており水不足に悩んでいた際、刀を地につきたてたところ、水が湧き出て泉となった古卓刀泉

劉備が天を祭った際に築いたとされる劉備郊天台

湖北省博物館は必見!