西安金橋国際旅行社(中国金橋国際旅行社西安支社)

中国西部内陸歴史を語る遺蹟情報満載!

 西安金橋国際旅行会社<中国金橋国際旅行会社西安支社>(国家旅遊局授権国際旅行業務資格登録番号:L-SNX-GJ00011)  
 安心と信頼の金橋 中国金橋国際旅行会社は1984年設立された中国第一類旅行会社です、中国全国に支社が約30社もあり、英語、日本語、フランス語などの多くの優秀なガイド、通訳者がいます。 「お客さんを第一」、「サービスを第一」が弊社のモットーです。
 特に西安金橋国際旅行会社<中国金橋国際旅行会社西安支社>は西安を中心に中国西部、内モンゴル(フフホトなど)、山西省(運城など)、河南省(洛陽など)、四川省(広元など)、陝西省(西安、宝鶏、延安、楡林など)、寧夏自治区(銀川など)、甘粛省(蘭州、武威、張掖、嘉峪関、敦煌など)、新疆ウイグル(ハミ、トルファン、ウルムチなど)、青海(西寧など)、チベット自治区(ラサなど)などの過去の歴史を語る遺跡、シルクロード遺蹟、三国志遺跡、仏教石窟寺院遺跡、唐代大詩人の足跡などを辿る格安観光旅行サービスを提供しております。
 豊富な経験と実績を誇る西安金橋国際旅行会社<中国金橋国際旅行会社西安支社>は格安旅行を安全かつ円滑に実施するために力を入れております。中国内陸の旅は安心・安全・信頼・格安の西安金橋国際旅行会社にお任せ下さい。詳しくはメールにてお気軽にお問い合わせ下さい!
 世界中を深く案内してくれることでも有名な「地球の歩き方」にも弊社を掲載させていただきました。2013-2014年版、2016-2017年版、2018-2019年版「地球の歩き方 西安 敦煌 ウルムチ シルクロードと中国西北部」の旅行会社のご案内欄に掲載をさせて頂きました。
 これを励みに、今後もお客様にご満足いただけるサービスの提供を目指し、より一層精進して参ります♪
 中国西部現地旅行社(中国全土旅行代理店):西安金橋国際旅行社
 担当者:倪小軍、電話:0086-29‐83710118、携帯:0086-137‐7219‐2936(24時間)
 住所:中国陝西省西安市西大街安定広場4-3-418、3-A-503
 メールアドレス:xiaojunn@gmail.com(日本語可)
 お客様からの声:http://www.goods568.com/voice/guestvoice.htm
 お役立ち西安旅行観光情報満載ブログ:
 http://d.hatena.ne.jp/xiaojun/
 http://d.hatena.ne.jp/xian_golden_bridge/
 https://wagamamatabi.muragon.com/

西安事件・変遺跡(楊虎城止園別荘・楊虎城公館)の写真

西安事件・変遺跡(楊虎城止園別荘・楊虎城公館)の写真
毎週の火曜日~日曜日(月曜日休館)の08:30~17:00にオープンします(16:40まで入場可)、
(楊虎城止園別荘・楊虎城公館)の位置

他にご不明なことが御座いましたらxiaojunn@gmail.com(日本語可)まで御連絡下さい。
お問合せ、お見積もり、御申込もxiaojunn@gmail.comまで御連絡下さい。
手配旅行社:中国西安金橋国際旅行社  担当者:倪小軍
電話:029‐85657531 携帯:0086-137‐7219‐2936(24時間対応)
住所:西安市西大街安定広場4-2-418,3-A-503
お客様の声|西安金橋国際旅行会社(中国金橋国際旅行社西安支社)










西安事件・変遺跡(張学良公館)の写真

西安事件・変遺跡(張学良公館)の写真
毎週の火曜日~日曜日(月曜日休館)の08:30~17:00にオープンします(16:40まで入場可)、
張学良公館の位置

他にご不明なことが御座いましたらxiaojunn@gmail.com(日本語可)まで御連絡下さい。
お問合せ、お見積もり、御申込もxiaojunn@gmail.comまで御連絡下さい。
手配旅行社:中国西安金橋国際旅行社  担当者:倪小軍
電話:029‐85657531 携帯:0086-137‐7219‐2936(24時間対応)
住所:西安市西大街安定広場4-2-418,3-A-503
お客様の声|西安金橋国際旅行会社(中国金橋国際旅行社西安支社)











中国最古の劇団・西安易俗社<現地ローカル伝統演劇秦腔ショー>鑑賞パッケージツアー 

中国最古劇団・西安易俗社<現地ローカル伝統演劇秦腔ショー>鑑賞パッケージツアー

秦腔とは、中国には、四川省の川劇や河南省の豫劇といったように、各地にその土地の言葉で歌われる地方劇があるが、そのなかでも秦腔は、中国西北地域(おもに陝西省や甘粛省など)でとりわけ盛んな地方劇である。

中国伝統演劇といえば、有名な京劇を連想する人が多いですが、秦腔は少なくとも16世紀末ごろから存在し、形成期の京劇(18世紀末)にも影響を与えたといわれているほど、中国伝統演劇史に名を残している古い地方劇である。
秦腔の芸能的特徴に関しては、中国語で “戯曲” と呼ばれる京劇や川劇などの他の伝統演劇とだいたい共通している。すなわち、秦腔でも、役者は歌(“唱”)、せりふ(“念”)、しぐさ(“做”)、立ち回り(“打”)の四大表現技法を組みあわせて演技をするし、役者の役柄も男性役(“生”)、女性役(“旦”)、隈取り役(“浄”)、道化役(“丑”)の四大役柄とその下位分類に分かれている。また、最近では、他の伝統演劇と同様、秦腔でも新編歴史劇や現代劇などの上演時に大掛かりな舞台セットを使うことも増えつつあるものの、多くの伝統演目では、役者が机や椅子といった最低限の小道具以外は何も使わず、身体ひとつで歴史物語を演じる。役者の演技に、弦楽器と打楽器から構成される楽隊の伴奏がつくことも共通している。

このように、秦腔は他の伝統演劇と多くの特徴を共有するので、外見上は見わけがつ
きにくい。ただし、中国各地の伝統演劇のあいだのおもな違いは節回しやリズムや音楽
に顕著にみられる傾向にあり、たとえば、秦腔の節回しには、昆曲の曲牌形式(“曲牌”を連ねる音楽形式)などとは異なる “板腔体”(“板式” と呼ばれる拍子の組みあわせをも
とにした音楽形式)が使われている。さらに、陝西地方を中心に継承・発展されてきた
秦腔では、陝西方言(特に関中方言)が役者の歌やせりふの基礎をなしている。なかでも、秦腔の道化役の役者のせりふはその典型例であり、土地の言葉による独特のユーモアが多く含まれているのである。
 なお、秦腔は西府秦腔や漢調桄桄や同州䯽子などの地域流派に分かれているが、西安
を中心に継承・発展されてきた中路秦腔(“西安乱弾” とも呼ばれる)である。
 また、2009年 9 月には、政府の出資で陝西秦腔博物館が西安で開館した。この博物館
は、秦腔の歴史や芸能の特徴などを幅広く紹介するために、陝西省文化庁と西安交通大
学が共同で設立したものであるが、設立の際には多くの人の関心を呼び、大いに盛り上
がった。博物館の設立前に、展示のための文物の収集を新聞などで呼びかけたとき、博物館の建設計画を知って大いに喜んだ人々が、家に代々伝わる秦腔関連の文物をこぞって無償で提供したのである。遠方の農村から文化庁までわざわざ何往復もして文物を直接届けにきた熱心な者までいた。そして、振興秦腔弁公室の担当者は、収集した文物のあまりの多さに、多忙になりすぎて体調を崩してしまったという。
 西安易俗社とは、1912年(民国元年)の辛亥革命時に、当時の戯曲改良運動(伝統演
劇に民衆を啓蒙する役割をもとめた愛国主義運動)を背景として、陝西同盟会会員の李
桐軒や孫仁玉などといった進歩的知識人たちによって西安に設立された秦腔劇団である。
当時は、陝西易俗伶学社(以下、現在の「西安易俗社」という名で呼ぶ)と呼ばれてい
たが、学識の豊かな指導者たちによって運営されていたので、技芸の伝承だけではなく、
役者の教養教育(読み書きや算数などの基礎教養)も非常に重視していた。そして、劇
団の指導者たちは、伝統演劇をとおして民衆を啓蒙し、古い風俗習慣を改めて、社会教
育を補助するという高い理想をもっていた。つまり、西安易俗社は、単なる公演組織ではなく、公演活動をとおした民衆教育を目標とする劇団だったのである。たとえば、当
時の悪習とされていた、女性の纏足、アヘン吸飲、売買婚、幽霊や妖怪の信仰、賭博な
どを戒め、愛国主義の精神を宣揚する演目を数多く創作した。代表的なものとしては、
『三回頭』、『三滴血』、『奪錦楼』などがあり、民国期に創作されたものだけでも大小700以上もの演目がある。民国期のおもな出来事としては、1924年に魯迅が西安易俗社の演目をみて絶賛したことがまずあげられる。魯迅は、20日間のうちに 5 度も観劇し、非常に感銘を受けて「古調独弾」という扁額を贈ったといわれている。
西安方言学習にも役たちます、いつも満員になっていて、予約が必要です
西安にご滞在中、ご希望の方がいらっしゃれば、弊社は下記のようにお手配いたせます。
ご参考までに、このほか何でもお気軽にお問い合わせ下さいませ! 1名様より催行。
お問い合わせ・ご申し込み:xiaojunn@gmail.com
予約ホットライン日本語可:0086-13772192936(24時間可)
お客様の声|西安金橋国際旅行会社(中国金橋国際旅行社西安支社)

~18:50
中国語のみできる運転手がお名前が書かれた紙を持って、西安市内のお泊りホテルロビーにお迎えにあがります。※ホテルにより、予定より早く出発可能です。
18:50~19:30
1名様より催行、お申込み頂いたお客様毎に専用車で西安市内の街並みを車窓から見ながら西安易俗社劇場へ。
19:30~20:30
西安易俗社劇場にて無形文化遺産化した中国伝統演劇・秦腔をご鑑賞ください。
※劇場の都合により公演時間が異なる事があります。お申込み時に確認させて頂きます。※公演内容も時季により異なりますので、下記写真は公演内容と異なる事があります。
20:30~21:10
観賞後、専用車で市中心の鐘楼などの西安夜景を車窓から見ながらホテルへ、お休み。
※ホテルにより、予定より早く着く可能です。

料金:

1名様の場合は398元・1名(大人)です;

2~5名様の場合は1人様が338元(大人)となります;

5名様以上の場合は1人様が298元(大人)となります;

身長1.0mまでの子供さんは150元です。

※割と良い座席を確保します。

※またお茶1杯とヒマワリの種などのおつまみをサービスします!

※含まれ:
①お入場料(西安易俗社劇場にての中国伝統演劇・秦腔)、
②同行中国語のみできる運転手の手当、
③お泊りホテル→西安易俗社劇場→お泊りホテルへのご専用車、またはタクシーでの送迎。※途中、車窓より、ライトアップされた西安城壁、西安市中心にある鐘楼のイルミネーションなどを見られます、特に「西安の夜景、夜の西安の街、西安のイルミネーション」を見られたい方にお薦めです。
以上、ご希望の場合には、おできるだけ、お早めに御連絡下さい、西安ご滞在中の楽しい時間を有効にご活用できるよう、ぜひ、上記中国伝統演劇・秦腔をお楽しみ下さい。
お支払い:最後 (すべて終了した後)に、現金にて弊社の同行運転手にお支払い頂くことをお願いいたします.
※夜の安全注意事項:夜(昼も)、人込みの中では、スリ・引ったくり等の被害が多発しますので、旅券、財布、携帯電話、貴金属類、その他の貴重品を盗まれないようご注意下さい。携帯電話をベルトに差したり、旅券や財布を尻ポケットやウエストポーチ等に入れておくと、人込みの中では簡単にすられてしまいます。デジタルカメラ、高級腕時計や装身具等もできるだけ避け、持ち歩く必要のある貴重品は貴重品袋に入れて服の下に身につけるなどの自衛策をお願い致します。

西安易俗社(新城区西一路282号)

無形文化遺産化した中国伝統演劇・秦腔


夜の西安(西安のイルミネーション、西安の夜景)

他にご不明なことが御座いましたらxiaojunn@gmail.com(日本語可)まで御連絡下さい。
お問合せ、お見積もり、御申込もxiaojunn@gmail.comまで御連絡下さい。
手配旅行社:中国西安金橋国際旅行社  担当者:倪小軍
電話:029‐85657531 携帯:0086-137‐7219‐2936(24時間対応)
住所:西安市西大街安定広場4-2-418,3-A-503

お客様の声|西安金橋国際旅行会社(中国金橋国際旅行社西安支社)