中国歴史の勉強になる旅行

こんにちは、西安金橋国際旅行社の担当者、倪と申します、皆様に中国史の勉強になる旅を少しずつご紹介致します、
何かご希望(ご要望・リクエスト)もございましたら、お気軽にxiaojunn@gmail.com までお声をおかけくださいませ。

波浪谷

波浪谷は榆林市から南西へ約130km離れた靖辺県にあります。榆林の隠れた観光名所として密かな人気を誇ります。波浪谷は 中国版「ザ・ウェーブ」&「アンテロープ・キャニオン」です。地層が織り成す異世界、異次元の風景が広がる。波浪谷は 「ザ・ウェーブ」と同緯度にあり、同じような景色が見られる。巨大な熊手で線を引いたような模様は、気の遠くなるような歳月をかけて風雨に侵食された末に完成したもの。直線や曲線といった模様から、穴が開いてドアの形状になっていたり、地面に突き刺さった剣に見える柱があったりと兎に角自然の神秘を感じざるを得ない。
チャーター車はxiaojunn@gmail.comまでご連絡下さい。
波浪谷に関わるコースとツアー①
波浪谷に関わるコースとツアー②

靖辺龍州波浪谷丹霞地貌は、靖辺県南東22キロ龙洲郷にある閻家寨にあります。龍洲丹霞地貌は、現在、陝西省の最大規模ー丹霞地貌風景地で、元地人により「波浪谷と言わて、まだ、靖辺紅沙岩峡谷と呼ばれいます。ここの赤い砂岩は、風雨削剥でいろいろ様相を呈して奇妙な姿や色、異なる角度、違う時間が違う景色になります。雨上がり晴れた時、赤砂岩の色が一層鮮やかに、また日光の下で、景色は壮観です。


グランドキャニオンのような岩山を想像しますが、こちらは「スロットキャニオン」と呼ばれる、幅の狭い洞窟のような峡谷です。長い歳月をかけ、雨や風、ときどき起こる洪水により、柔らかい砂岩は削られていき、波のように美しいらせん模様を生みだしました。道を挟んで、南北にある峡谷へは、観光客、一人のみが通じられます。雷に打たれたがごとく、縦に亀裂の入った巨大な岩山が、旅人を待ち受けています。これが、峡谷の入口です。


内部にはいりますと、まさに異世界と思います。見上げれば、高さい岩の裂け目から白い光がこぼれ、洞窟を進むごとに、美しいらせん模様の岩肌が、波が押し寄せるようにその姿を現します。巨大な竜が、天辺から覗きこんでいるように見える「ドラゴンアイ」などの見どころや、写真の撮り方をガイドさんが教えてくれます。モデルのようにポーズした姿を撮ってくれることも。七色の岩肌に魅了される「ロウワーアンテロープキャニオン」でしょう。