中国歴史の勉強になる旅行

こんにちは、西安金橋国際旅行社の担当者、倪と申します、皆様に中国史の勉強になる旅を少しずつご紹介致します、
何かご希望(ご要望・リクエスト)もございましたら、お気軽にxiaojunn@gmail.com までお声をおかけくださいませ。

唐代長安城大明宮遺跡公園

唐代長安城大明宮  唐代(618-907年)の長安城は隋代初年に当たる西暦582年に創建され、唐朝建国の後も首都として踏襲されました。都市の規模は大きく、高い城壁と華麗な宮殿区に官庁街、そして整然と区画された通りがありました。唐の長安城は東西9721メートル、南北8652メートルで、面積は約90平方キロ。 100万の人々でひしめきあう国際的大都会として隆盛を極め、後世と外国におおきな影響を与えました。西暦904年、唐は洛陽に遷都し、長安は首都の地位を失い、衰退していきました。
長安城の中央北部に、皇帝の居住区である宮城と、官衙、役所が並ぶ皇城がありました。建国当初、皇帝は宮城内に住んでいましたが、654年に太宗李世民は父である李淵のために、長安城の北東部に大明宮の造営を始めました。その後、663年に高宗李治が大規模な造営を行い、そして太極宮から大明宮に朝政を遷しました。その時から大明宮は唐朝の政治的中心となりました。
大明宮は含元殿、宣政殿、紫宸殿という3つの正殿によりなる政務区と、その後ろの太液池を中心とする居住区との二つの部分により構成され、長安城の三つの大型宮殿の中で最大規模のものであり、唐の政治的中心でした。
大明宮含元殿 含元殿は大明宮の一番目の正殿であり、662年に含元殿の造営が始められ、翌年に落成し、その後、223年にわたって使用されました。大明宮の主殿である含元殿は、国家的儀式や大典が行われた場所であり、元日、冬至の式典、外国使節団の謁見(えっけん)及び改元、即位、受賞、大赦(たいしゃ)、閲兵(えっぺい)等の諸儀式、大典(たいてん)はここで挙行(きょこう)されました。
含元殿の建物は、788年正月の大地震の後も、地震、大風、大雨などの自然災害に度々見舞われ、その度ごとに修復を重ねました。唐末期に長安城は幾度かの戦火に見舞われましたが、886年頃に兵火によってついに失われました。
唐代には長安で活躍した遣隋使や遣唐使がたくさんいましたが、そのうち、遣唐大使藤原清河・副使大伴古麻呂が含元殿で玄宗皇帝臨席のもとに挙行された753年正月の朝賀の儀式において、新羅の使節と席次を争った事件は日唐の外交史上、有名な話です。
車をチャーターして近くの漢長安城遺跡なども行ける,チャーター車はxiaojunn@gmail.comまでご連絡下さい。
龍尾道の発見は、含元殿をモデルにした日本の平城宮の大極殿が両側から登る形式であった謎を解いたことになります。 ♂(もっと見る) 入場:8:30~17:00。