中国歴史の勉強になる旅行

こんにちは、西安金橋国際旅行社の担当者、倪と申します、皆様に中国史の勉強になる旅を少しずつご紹介致します、
何かご希望(ご要望・リクエスト)もございましたら、お気軽にxiaojunn@gmail.com までお声をおかけくださいませ。

法門寺

法門寺は西安から138キロ離れた扶風県の北にあり、後漢の恒帝と霊帝の時代(147-89)に建立された寺です。寺の境内には塔があって、法門寺はこの寺で有名です。 後漢の時代から北魏の時代、まで、この寺は阿育王(アショカ)寺と称されました。アショカ王は古代インドの国王で釈迦牟天が入寂した200年後、(前272-前226)仏の骨(舎利)を八萬八千四百に分骨して世界各地に塔を建て供養したと伝えられています。中国では19基の仏真身舎利塔が建立されました。法門寺塔はその中で第五基といわれています。 隋の文帝開皇三年(583年)にこの寺は成実道場と改名され、唐の高祖の武徳七年(624年)に法門寺と名付けられました。 法門寺塔は最初四層の木造でしたが、明代に潰れてしまったので、明の神宗は万暦七年(1579年)にこの塔を十三層の煉瓦造りの塔に造り直しました。塔身は高さ54mあります。塔の二層から十二層までそろぞれ各層に八つの仏壇があり、その中にそれぞれ銅製の仏像と菩薩像が一体ないし三体安置されています。合計104尊あり、大部分の仏像は背に文字が刻まれていて、刻銘の内容によって、これらの仏像の奉納者は主に明代の官僚であったことがわかります。仏像のそばに南宋と元の時代の写本の経典と復刻の経典が置かれていました。 清の順治年間(1644-1661)に地震のため、塔が傾き、中に亀裂が生じました。また、1981年8月24日に雨で塔身の側面の半分が倒れたため、1987年1月から塔を修理し始めたところ、4月3日、塔の地下に地宮を発見し、旧暦4月8日、地宮後室で一枚の仏の指の舎利を発見しました。 この指の舎利は八重の宝石箱の最も内側の、第八重目の純金製の小塔の中にある銀柱の上に挿してありました。この八重の宝石箱は、塔の懿宗が奉納したもので、金?銀?珍珠?漢白玉石?白檀などを材料として製作されています。八重の宝石箱の両側には石刻の四天王が舎利を護持するために侍立しています。第二枚の指の舎利は地宮にある漢白玉石製の小塔の中に安置してありました。第三枚は地宮後室にある小龕の中の鉄箱にありました。この鉄箱の上辺に「奉納皇帝敬造釈迦牟尼仏真宝函」と刻まれています。第四枚は地宮の前室にある彩色の菩薩舎利塔の中に安置してありました。これまで、釈迦の指の舎利と称される舎利は四枚発見されていますが、その中の1枚だけが釈迦の本当の指です。これは(霊骨)と呼ばれ、他の3枚は(影骨)です。影骨は霊骨から複製したものですが、仏教の世界では影骨もやはり聖骨で、仏の真身舎利と考えられています。この四枚の指の舎利は世界で始めて発見されたもので、現在も指舎利はこれしか存在しません。祖の他、法門寺塔の地宮からは首の無いガラスの壷、青い釉薬の水差し、純金の糸で刺繍した礼拝用のクッション、真珠の瓔珞を付けた金めっきの菩薩像が掘り出されました。さらに、金銀の器131点、錦、綾、羅、紗などの織物700点、珍珠や宝石400点、ガラスの器17点なども出土しました。皿や碗、瓶は上辺に青、黄、緑、白などの色がつけられ、とても綺麗です。ガラスは西域から中国に伝来したもので、西アジアの特徴があります。これらの珍品の中で純金の「単輪十二環錫杖」は非常に精巧です。法門寺は長い間皇族の御用寺院として歴代の皇帝から崇められました。北魏の時代にその塔の地宮を開いて釈迦の指の舎利を見せたことがあると伝えられています。唐代のほとんどの皇帝が仏教を崇拝し、方門寺の仏骨を何回も宮廷に迎え盛大な行事を行いました。俗伝によれば、法門寺唐の舎利は三十年毎に開帳されたそうです。 しかし、唐代の末期から沈黙しつづけました。その唐の地宮に納められた釈迦牟尼の真身仏骨の舎利や歴代の皇帝が供養した金銀などの宝器は人々には容易に想像できない秘蔵の逸品となっていました。法門寺での発見は国外にも中国文化の栄光を示しました。また、世界に仏教界においても喜ばしい大きな出来事でした。法門寺地身やからの出土品を完全に保存するために法門寺博物館が建られ、今日、博物館で数多くの珍品を見学できます。住所: 陜西省宝鶏市扶風県 、 電話: 0917-5254152 入場時間:8:30-17:30 入場料:102元(法門寺博物館など込)。仏舎利の公開時間:合十舎利塔の仏舎利は、毎月土・日曜日と旧暦の初一・十五日及び祭日の10:00~16:00の間のみに開放される。チャーター車はxiaojunn@gmail.comまでご連絡下さい。