中国歴史の勉強になる旅行

こんにちは、西安金橋国際旅行社の担当者、倪と申します、皆様に中国史の勉強になる旅を少しずつご紹介致します、
何かご希望(ご要望・リクエスト)もございましたら、お気軽にxiaojunn@gmail.com までお声をおかけくださいませ。

昭陵

昭陵は唐の第二代皇帝李世民の陵墓です。李世民は父の高祖李淵に譲位され、626年に即位しました。翌年、貞観と年号を改めました。在位23年は中国の歴史上での極めて繁栄した時代で「貞観の治」を作り上げました。太宗李世民はモラルの確立を重視し、儒教道徳政治の理想社会を築くことに力を入れました。「民、道に落ちたる物を拾わず、外出戸を閉じず」と言われたほどの平和な「貞観の治」です。昭陵は当時の都長安から80キロくらい離れた九峻山の頂上にあります。九峻山とは9つの険しい峰があることからそう呼ばれていますが、昭陵のある峰は日本の富士山の形に少し似ています。しかし、東側から見ると筆置きの形に似ているので、土地の人々は筆架山と呼んでいます。この山が陵墓の地に選ばれたのにはエピソードがあります。中国各時代の皇帝は誰でも皆陵墓の地をどこに選ぶかを大変重視していました。李世民も例外ではなく、大臣の李助と魏徴を派遣して陵墓の地を選定させました。李助は九峻山に着て、頂上の峰に登り、演技の良い印として穴開き銅銭を埋めました。それからなく魏徴も偶然同じ場所に着て辺り景色を眺め、すっかり気に入って彼の立ったところに縁起の良い印として銭を埋めました。李世民はこの結果に満足し、ここを陵墓の地と決めました。太宗李世民を埋葬した二日目にこの山が一夜のうちに高くなり、以後少しずつ高くなっているという伝説があります。636年、すなわち太宗が即位して10年、文徳皇后長孫氏がなくなったとき、太宗は皇后の「山に埋葬」という遺言によって九峻山に皇后を埋葬し、昭陵と名付けました。それから引き続き造営しました。「山に因って陵を為す」という唐代の帝王陵墓の造りかたの先例となりました。 649年、太宗が亡くなって文徳皇后と合葬されて、これによって陵墓の造営工事は終りました。「山に因って陵を為す」の先例になった昭陵は自然の山(九峻山)を選んで穴を掘って墓室に通じる墓道と峰の底に地下宮殿を造りました。ある資料によると、墓室までの墓道は深さ230mで、墓道に五つの石門が設けられているということです。地下宮殿は広く、華やかで、長安城の宮殿とほとんど変わらず、墓道の両側にはそれぞれ部屋があって、その中に石の箪笥が並べられ、石の箪笥の中に殉葬品の入った鉄の箱が治められているということです。往来の不便を解消するために、岩に沿って桟道を造り、昭陵の上には墓守のために家屋などもあります。千年あまりの変遷を経て、昭陵の地上の建築物はなくなり、今は遺跡が数ヶ所残っているだけです。陵墓の南の山の下に、朱雀門、献門、北に祭壇、司馬門、東西には小さい建物、西南には宮城(当時多くの家屋がここに建てられていた)がありました。宮城の建物は一度火災に遭いましたが、798年に378間の部屋が建て直されたそうです。献殿の遺跡から、高さ150cm、重さ150Kgの陶製のしゃちほこが出土されましたが、この建物の装飾品から当時の宮殿の雄大さと規模が想像できます。昭陵は周囲80キロ、総面積二万ヘクタールあり、陪塚が167ヶ所あるのが昭陵の特徴のひとつとなっています。太宗李世民の柩は陵墓の一番北にあって、長安城の北にあった宮殿と同様、高い所から下を臨むことができます。陪塚の中では唐王朝の繁栄を導いた魏徴、李助、李靖の三人の墓が他の墓と異なった形をしています。李助の墓は陰山、鉄山、鳥徳健山であげた彼の輝かしい業績を記念して、その3つの山の形をしています。この墓の前にはまた一組の石人像があって、左側に石羊、右側に石虎がそれぞれ三体ずつ配置されています。そも墓碑は高さ6.65mで、高宗李治が自ら李助のために墓誌を書き、また自筆したものです。この三人の墓の規模から、彼らの業績と唐王朝の特殊な関係がわかります。また、陪塚の中には西北地区の少数民族の将軍たちの墓もあります。彼らは唐政権の中で重要な職につき、中には唐の皇族と婚姻関係を持ったものもいます。昭陵遺跡にみられるもうひとつの特徴は石刻芸術がリアルな手法で統一されていることです。昭陵は唐の有名な美術家閏立徳のデザインに基づいて造営されたもので、規模や配置などに独特の風格を持っています。「昭陵六駿」のレリーフはその代表的なもののひとつです。六駿とは唐の太宗の愛馬で、この六頭の馬に乗って戦場を駆け巡りました。この六頭の馬は唐王朝の統一の戦いで業績をあげたので、太宗の命によって石に刻まれ、昭陵の北の祭壇に安置されました。馬の姿がそれぞれ異なり、強健でたくました、生き生きとしています。熟練した職工と簡潔な手法で実物を表現し、きわめて高い芸術的価値を持っています。残念ながら、これらの珍しい芸術品は1920年に盗まれ、そのうちの二つはアメリカのフィラデルフィアのペンシルバニア大学博物館に保存されています。残る四つは密輸中に発見されて、西安に運び戻され、現在碑林石刻芸術博物館に展示されています。密輸中にこの六点はいくつかに割れてしまって、現在は馬に射かけられた矢も見えず、レリーフに書かれていた太宗の題字とその馬の名前も見えなくなってしまいました。幸い、北宗の遊師雄が立てた昭陵六駿の石碑がまだ残っていて、それに線刻の手法で、この六駿のレリーフを詳しく、名前、毛色の特徴、功績及び太宗が書いた称賛の全文の記録が六駿の他に安置されていました。唐の時代、墓の前に石碑を立てたり、墓室の中に墓誌銘を安置したりすることが盛んでした。昭陵も同じで、これらの石碑には唐初期のすばらしい書が残されています。その中で、書道に熱心だった太宗の石碑の多くが昭陵博物館に保存されています。また、昭陵から出土した陪葬品は特に数が多く、内容的にも豊富です。石俑、木製俑、陶俑、色釉俑などいろいろあり、そのうち色釉俑は昭陵から出土した文物の特色を代表するものです。唐の時代は、非常に繁栄した時代でした。それに加えて唐の太宗は功績が多く、すばらしい皇帝だったので、彼の陵墓である昭陵は「天下の名陵」と言われています。1961年に国務院は国家重要文化財に指定し、併せて昭陵博物館を建てて、国内外の観光客を新たな顔で迎えています。昭陵博物館住所:礼泉県東北九峻山。電話:0910-5767009、開放時間:8:00-18:00 入場料:40元。昭陵乗車路線:西安駅または西安市城西バスセンターから西安ー礼泉方面行き、それから礼泉ー北屯行きのバスが利用、乗り換えなどで時間が掛かるので、チャーター車お勧めします、近くの素晴らしい建陵も行けるから