西安金橋国際旅行社(中国金橋国際旅行社西安支社)

ご来訪いただき、誠にありがとうございます。私どもは西安(昔の長安)出身、中国金橋国際旅行社西安支社の日本語専属西安観光専門ガイドです。私どもが生まれ育った“悠久の歴史を持つ古都長安”を皆さんにもっと広く深くご紹介するために、この日本語版西安観光ガイドホームページをお作成致しました。基本観光ルート、観光コースをはじめ、さまざまな時代や人物テーマ、西安歴史、西安観光スポット、西安観光旅行現地情報など、各方面からお客様のニーズに合ったご紹介することを目標にして頑張っております。お客様の要望に沿ったアレンジも致しますので、詳しくはお気軽にxiaojunn@gmail.comまでお問い合わせ下さい!
世界中を深く案内してくれることでも有名な「地球の歩き方」にも弊社を掲載させていただきました。2013-2014年版、2016-2017年版、2018-2019年版「地球の歩き方 西安 敦煌 ウルムチ シルクロードと中国西北部」の旅行会社のご案内欄に掲載をさせて頂きました。
これを励みに、今後もお客様にご満足いただけるサービスの提供を目指し、より一層精進して参ります♪

茂陵

茂陵 武帝劉徹(前156-前87)は漢の第五代皇帝である。紀元前141年、16歳で即位し、紀元前87年、70歳で亡くなった。彼が在位した54年間、政治、軍事、経済などいろいろな分野にわたって効果的な措置を実行し、北方の匈奴を追い払い、河西回廊を確保し、漢民族の国の繁栄をもたらした。そして紀元前138年には張騫を遣わしてシルクロードを開通させた。これは中国と中央アジア諸国との経済、文化の交流にとって画期的な出来事であった。 茂陵は西安から約45キロの渭北高原の興平原に位置する。前漢の皇帝陵の中で最大で、造営の期間も長く、武帝の即位から53年もの長い期間をかけている。陵墓の高さ47m、陵の周囲は916mで、敷地の面積は5400平方mある。陵は錐形をしていて、厳やかな安定感が感じられる。歴史の記録によると、陵墓には外国から送られた玉の箱、玉の杖や武帝が生前に愛読していた本など、いろいろな宝物が入れられたとされている。陵墓には一体どのくらいの宝物があったのかは今となっては不明であるが、当時毎年国の租税の三分の一が墓造りや副葬品の買い入れに用いられていたという記録がある。 茂陵のまわりには約20の陪塚が点在している。これらの陪塚は方形、円形、山形の三種類に分けられ、李夫人、衛青、霍去病、霍光などの皇族や功績のあった大臣の墓がある。 茂陵を管理するために、当時陵令、門吏などの官職が設けてあって約5000人の雑役夫が樹木、草花などに水をやり、掃除をしていた。 当時、漢代の埋葬制度に従って、茂陵の東南の辺りに町を造った。「漢書」の記録によると、おびただしい文官、武官、貴族が相次いでここに移住し始め、町の人口は28万人になった。現在でもこの付近には幾何学模様と青龍、白虎、朱雀、玄武のついた芸術的に高い価値がある「空洞煉瓦」などが出土されているが、昔の建物はひとつも発見されていない。住所:咸陽市五陵原 電話:0910-8418040 開放時間:8:00-18:00 、乗車路線:西安市の玉祥門から咸陽行きの観光バスが利用できる。入場料: 80元 (霍去病墓、茂陵 博物館込み) 

傾国の名花国の名花楊貴妃の墓

傾国の名花国の名花楊貴妃の墓は西安から70キロほど離れた興平県の馬嵬坡にあります。彼女は718年に生まれ、756年に亡くなりました。745年に玄宗皇帝の貴妃となり、玄宗は楊貴妃を得てから、毎日酒と歌舞と貴妃の愛に溺れて政務から遠ざかりました。このため、国内情勢は次第に悪化し、政治は窮境に陥りました。755年、勢力を貯えてきた安禄山が叛旗を翻し、所謂「安史の乱」が起こりました。楊貴妃は玄宗皇帝に従って、戦火を避けました。途中、馬嵬坡で近衛兵と指揮官の不満が募り、騒乱が起きました。兵士たちは「窮地に陥ったのは楊一族のせいである」と楊国忠を殺し、さらに、玄宗皇帝に楊貴妃を殺すことを要求しました。玄宗皇帝は兵士たちの激昴の前に涙に暮れながら宦官、高力士に楊貴妃を絞殺せよと命じました。楊貴妃はこの時、寺に入って仏に祈りたいと玄宗に希望し、許可を得た楊貴妃は寺に入って、仏像に面して「一日早く亡くなったら一日早く生まれ変わるようにお願い申し上げる」と祈りました。その直後、楊貴妃は絞殺されました。時に38才。子供もないままに死んだ彼女の一生は「花の命は短くて苦しきことのみおおかりき」という詩の通りでした。玄宗は楊貴妃を簡単に土葬して四川に逃げ、危難を避けました。昔、楊貴妃の墓は土盛りでしたが、墓の土は毎年春に白粉に代わって、香を漂わせました。その白粉を顔に付けると美人になるという噂が広まって、大勢の若い女性がその白粉を欲しがって墓に参りました。このため、2,3年のうちに墓の盛り土がなくなってしまいました。現在の墓は半球状のレンガで覆われていて、墓前に「楊貴妃之墓」の碑があります。楊貴妃の非業の死は人々の心を打ち、以来、歴代の多くの詩人が墓を参拝し、多くの詩を献じました。それらの詩は30基の石碑に刻まれ墓の回廊の壁に収められています。現在、墓地の辺りには門楼が建ち,亭、堂が復元されています。また話で日本の山口県にも楊貴妃のお墓がある。住所:興平市西馬嵬坡 電話:0910-82400 24開放時間:8:00-18:00 入場料:45元。 乗車路線:西安市城西バスセンターで興平市行きに乗り、または、タクシーでいける。 

乾陵

乾陵は唐の高宗皇帝李治と女帝武則天の合葬墓である。夫婦とともども皇帝の位につき、二つの王朝を支配し、そして死後同じ陵に埋められるのは歴史上においてごく稀なケースである。陵は西安市北西約80キロ離れる乾県北の梁山に位置し、山を陵として岩を掘って地宮とした。規模は雄大で迫力のある陵は盛んな時代における中国封建王朝の帝王陵の典型的な代表と言える。陵へ通じる司馬道に沿って行けば、翼馬、石獅子、石像、無字碑などの唐の巨大な石彫刻の圭作が見られる。世界の始めての女性皇帝は日本の推古天皇、武則天より300年前。乗車路線:西安市城西バスセンターで長武行きに乗り、乾陵で下車 、入場料:102元(永泰公主墓、乾陵博物館、章懐太子墓、懿徳太子墓も込み)