中国歴史の勉強になる旅行

こんにちは、西安金橋国際旅行社の担当者、倪と申します、皆様に中国史の勉強になる旅を少しずつご紹介致します、
何かご希望(ご要望・リクエスト)もございましたら、お気軽にxiaojunn@gmail.com までお声をおかけくださいませ。

第3回シルクロード博覧会が西安で開幕、双方向開放の新パターンが「一帯一路」沿いに具体化

第3回シルクロード博覧会が西安で開幕、双方向開放の新パターンが「一帯一路」沿いに具体化


 【西安(中国)2018年5月15日新華社=共同通信JBN】第3回Silk Road International Exposition (シルクロード国際博覧会)とInvestment and Trade Forum for Cooperation between East and West China(東西中国協力のための投資・貿易フォーラム)で構成される「第3回Silk Road Expo」(シルクロード博覧会)が11日、陝西省西安で開幕した。英国、カザフスタン、マレーシア、フィリピン、カンボジア、イラン、韓国、ネパール、南アフリカなど75カ国・地域から賓客や投資家が参加している。主賓は英国とマレーシアである。


 今年のシルクロード博覧会のテーマは「New Age, New Pattern and New Development(新たな時代、新たなパターン、新たな発展)」。貿易、文化、投資、科学、金融などの20以上の分野をカバーする40の活動は、政府間対話、企業協力、人と人の交流、都市間交流の形で行われている。6つのパビリオンは多国籍、地域間、およびクロスオーバーのディスプレーを提供し、航空宇宙、電子情報技術製品、ハイテク産業における知的生産にハイライトを当てている。


 英国際貿易省のロナ・フェアヘッド貿易・輸出振興担当閣外相は、200人超の英国代表団および50企業が博覧会に参加したと語った。フェアヘッド氏は「西北中国を訪れたこの史上最大の英国代表団は、西北中国の諸省およびシルクロード経済ベルトに沿った地域との協力を強化するだろう」と述べた。


 ロナ・フェアヘッド氏は、「一帯一路」構想に沿ったすべての国と世界中の企業は、貿易交流、自由な資本移動、技術競争、アイデア交流のためにここに集まり、このシルクロード博覧会は現代的、オープンで包容力のある陝西省を全世界に示している、と語った。


 「一帯一路」構築への貢献を目指すシルクロード博覧会は、「一帯一路」沿いの諸国の発展のための英知の中心、投資・貿易協力の中心、ハイエンド製品と科学開発の中心となっている。シルクロード博覧会はまた、陸上経済と海洋経済の相互作用、国内外の協力、中国東部と中国西部との協力を強化するため、世界に新たな発展の機会をもたらすだろう。

陝西省西安市で「シルクロード考古学連盟」発足

陝西省西安市で行われていた「考古学の視点におけるシルクロード国際フォーラム」で、シルクロード沿線各国の考古学者による「シルクロード考古学連盟」が正式に発足しました。


 同フォーラムでは、中国、カザフスタン、キルギス、モンゴル、パキスタン、ロシア、タジキスタン、イギリス、ウズベキスタンの代表が「国際シルクロード考古学と文化遺産の保護に関する西安コンセンサス」をまとめあげました。シルクロードの考古学研究分野において国際連携を積極的に展開し、シルクロードの歴史や文化遺産の分布・保存状況を全面的に把握し、文化遺産の保護や受け継ぎへ科学なよりどころとしていくものです。また、世界遺産への共同推薦を通じてシルクロード文化遺産の保護を進めるほか、シルクロードの考古学や文化遺産の保護に関する人材育成などで協力を強化していくということです。(とんとん、森)。