中国史の勉強になる旅行

こんにちは、西安金橋国際旅行社の担当者、倪と申します、皆様に日本語ガイド付きチャーター車ご利用して中国史の勉強になる旅をご紹介致します。何かご希望(ご要望・リクエスト)がございましたら、お気軽にxiaojunn@gmail.com までお声をおかけくださいませ。

始皇帝と大兵馬俑展が福岡で開幕

陝西省文物局と陝西省文物交流センターの共催による「始皇帝と大兵馬俑展」が14日午後、福岡市九州国立博物館で開幕しました。


福岡駐在中国総領事館の李天然総領事、陝西省文物局代表団の強躍団長、九州国立博物館の島谷弘幸館長、NHK日本放送協会福岡放送局の城本勝局長、NHK九州支社の繁竹治顕支社長、西日本新聞社の川崎隆生代表取締役社長ら、およびマスコミの代表1000人以上が開幕式に出席しました。


 李天然総領事は「福岡は中国に最も近い都市である。秦の時代の徐福氏が日本に渡り、鑑真和尚が福岡にたどり着いたその日から今日まで、中日間の文化交流は長い歴史を持っている。今日の展示会は中日文化交流の盛会になり、中国の対外交流に新たな貢献をするよう祈念する」と挨拶しました。


 始皇帝と大兵馬俑展は2015年10月27日から東京、福岡、大阪の3都市で1年間にわたって行われることになっています。東京国立博物館での展示期間中、合計48万人が見学に訪れました。福岡での開催は6月12日まで続き、その後大阪国立国際美術館で開催されます。(殷、kokusei)

司馬懿拝将台

司馬懿拝将台

三国志のハイライト地であた五丈原の向かいにある三刀嶺(最後の北伐で五丈原に陣取った諸葛亮に対して司馬懿は渭水を挟んで対岸に陣を張った三刀嶺という山)の上にある盛り土です。

司馬懿は孔明が送ってくれた女性の服を着てわざわざその盛り土の上に登って向かいの五丈原の孔明に見せながら感謝したそうです。

諸葛泉

五丈原の麓にある泉です。昔、五丈原の山上に駐屯した蜀軍が使った井戸とも言われています。現在も水が湧いていて、生活水として使われています