中国史の勉強になる旅行

こんにちは、西安金橋国際旅行社の担当者、倪と申します、皆様に日本語ガイド付きチャーター車ご利用して中国史の勉強になる旅をご紹介致します。何かご希望(ご要望・リクエスト)がございましたら、お気軽にxiaojunn@gmail.com までお声をおかけくださいませ。

世界遺産・絹の道、東へ続け 日韓「ルート延伸を」

世界遺産・絹の道、東へ続け 日韓「ルート延伸を」

中国・唐とローマ帝国をつないだ古代の交易路「シルクロード」。その一部が2014年、「長安・天山回廊の交易路網」として世界遺産に登録された。これに続こうと、韓国、日本へのルートの延伸や、中国による「海のシルクロード」の登録を目指す動きが具体化している。


 古代国家・新羅の都があった韓国・慶州で昨年12月、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の国際会議が開かれた。各国の研究者ら約150人が世界遺産の登録などについて話し合った。テーマは「東方のシルクロード」。この場合の「東方」は中国よりさらに東の韓国と日本のことだ。


 シルクロード(絹の道)は、中国の長安(現在の西安)からローマを結ぶ交易路の総称。14年には洛陽・長安から敦煌などをへて、中央アジアに至る計8700キロ、33の遺跡群が世界遺産に登録された。中国、カザフスタン、キルギスによる共同申請だった。


 ユネスコのアジア・太平洋地域の拠点であるバンコク事務所の金光祚所長(韓国出身)は「一昨年の世界遺産登録は中国・西安までだったが、できれば韓国や日本を含む東へと広げるのが目的。かつてのシルクロードのように国境を越えた多彩な交流を復活させたい」と会議の目的を説明する。


 韓国では、ペルシャなどの西域の文物が新羅の遺跡から出土し、シルクロードは長安で終わらず慶州まで到達していたとする見方がある。一方、日本では、やはりシルクロード経由でもたらされた西域的色彩の濃厚な文物が、奈良の正倉院に伝来していることから、「奈良こそがシルクロードの終着点」と考える研究者が多い。