中国史の勉強になる旅行

こんにちは、西安金橋国際旅行社の担当者、倪と申します、皆様に日本語ガイド付きチャーター車ご利用して中国史の勉強になる旅をご紹介致します。何かご希望(ご要望・リクエスト)がございましたら、お気軽にxiaojunn@gmail.com までお声をおかけくださいませ。

蔡倫さんゆかりの後漢帝王と皇后の陵

蔡倫さんの縁の後漢帝王と皇后の陵
-------------------------------------------------
漢光武帝の原陵は河南省孟津県の白鶴鎮に位置し、河南省洛陽市から北へ20キロ離れ、現地は“漢陵”(俗称:“劉秀墓”)と呼ばれ、北には黄河が東西に流れ、南には邙山(ぼうざん)が東西にのびている、敷地は6.6万㎡、高さは17.83メートル、周囲は487メートルであります。


漢明帝劉庄と明徳皇后馬皇后の顕節陵(合葬墓)は河南省偃師市寇店鎮李家村の南西に位置し、土盛りは南北の幅が91.9メートル、東西の長さが96.9メートル、高さが12.5メートルです。東、西、南部は基本的に完璧、北部が土を取ったため破壊され、一つの窯遺跡があります。てっぺんは東西に最も長い所が26メートル、南北に最も長い所が27.5メートル、土盛りは3層の台地からなり、土盛りから東北方向に行けば近くに一つのセメント工場があります。

漢章帝劉炟と章徳皇后竇皇后の敬陵(合葬墓)は河南省の偃師市寇店鎮郭家嶺村の南西に位置し、東西の長さは104メートル、南北の幅は93メートル、高さは12メートル、土盛りが完璧、草と木に覆われ、周りは畑になって、てっぺんは東西の長さが32.5メートル、南北の幅が31.3メートル、土盛りの西側は溝渠があります。

漢章帝の敬隠皇后宋貴人の敬北陵は河南省の偃師市寇店鎮郭家嶺村の西北に位置し、南北の幅は94.9メートル、東西の長さは105.2メートル、高さは9.2メートル、てっぺんは平たい、丸い丘の形にして、土盛りの東は草と木に覆われ、3階の石段があります。村民に聞いて、土盛りの北は石の小道と大きいれんで築いた壁を発見したことがありますが、すでに地下に埋められたそうです。

漢章帝の恭懐皇后梁貴人の西陵は河南省の偃師市寇店鎮西干村の西に位置し、土盛りは南北の長さが60.1メートル、東西の幅が48.5メートル、高さが約15メートル、破壊程度が酷い、東部、南部、北部はそれぞれ8か所、5か所、1つの横穴式住居があり、西部は土を取った為、破壊程度が最も酷い、村に近い所に一つの煉瓦窯があります。

漢和帝劉肇と和熹鄧皇后の慎陵(合葬墓)は河南省の偃師市寇店鎮白草坂村の東南に位置し、東西の長さは94.9メートル、南北の幅は93メートル、高さは10.1メートル、土盛りが完璧、野生のナツメの木に覆われ、てっぺんは平たい、四角形、東西の長さが33メートル、南北の幅が35メートル、陵の南は深い溝があり、地元人の口コミにより、土を取ったためにできたのです。0.5メートルの下では沢山の黒い石を発見したこともあるそうです。

漢傷帝劉隆の康陵は河南省の偃師市寇店鎮白草坂村の東北に位置し、元の土盛りは南北の幅が85メートル、東西の長さが86メートル、高さが8.6メートルでした。後、地元の人は煉瓦を作ったり、土を取ったり、平地にされてしまったそうです。

漢安帝劉祜の恭陵は河南省洛陽市の孟津県三十里舗村の南に位置し、漢光武帝の原陵の南、地元の人は“二漢塚”と語り、土盛りは南北の長さが114.5メートル、東西の幅が102.6メートル、高さが12メートル、低い灌木に覆われ、早期の盗掘穴があります。

蔡倫さんが紙を作り始めたところは河南省の偃師市首陽鎮紙荘村に位置し、今、前後二つの紙荘村に分けられています。

漢魏洛陽故城東壁遺跡は河南省の洛陽市白馬寺鎮龍虎灘村の東に位置し、残長19m、東へ、蔡倫さんの紙を作り始めた紙荘村まで8キロ弱です。