西安金橋国際旅行社(中国金橋国際旅行社西安支社)

中国西部、内陸、歴史を語る遺蹟情報満載!

 西安金橋国際旅行会社<中国金橋国際旅行会社西安支社>(国家旅遊局授権国際旅行業務資格登録番号:L-SNX-GJ00011)  
 「安心と信頼の金橋」 中国金橋国際旅行会社は1984年に設立された中国第一類旅行会社です。中国全国に支社が約30社あり、英語、日本語、フランス語等、多くの優秀なガイド、通訳がいます。 「お客様第一」、「サービス第一」が弊社のモットーです。
 特に西安金橋国際旅行会社<中国金橋国際旅行会社西安支社>は西安を中心に中国西部、内モンゴル(フフホトなど)、山西省(運城など)、河南省(洛陽など)、四川省(広元など)、陝西省(西安、宝鶏、延安、楡林など)、寧夏自治区(銀川など)、甘粛省(蘭州、武威、張掖、嘉峪関、敦煌など)、新疆ウイグル(ハミ、トルファン、ウルムチなど)、青海(西寧など)、チベット自治区(ラサなど)などの歴史を語る遺跡、シルクロード遺蹟、三国志遺跡、仏教石窟寺院遺跡、唐代大詩人の足跡などを辿る格安観光旅行サービスを提供しております。
 豊富な経験と実績を誇る西安金橋国際旅行会社<中国金橋国際旅行会社西安支社>は格安旅行を安全かつ円滑に実施するよう努めております。中国内陸の旅は安心・安全・信頼・格安の西安金橋国際旅行会社にお任せ下さい。詳しくはメールにてお気軽にお問い合わせ下さい!
 世界中を網羅していることでも有名な「地球の歩き方」にも弊社が掲載されています。(2014-2015年版、2016-2017年版、2018-2019年版「地球の歩き方 西安 敦煌 ウルムチ シルクロードと中国西北部」の旅行会社の案内欄に掲載して頂きました。)
 これを励みに、今後もお客様にご満足いただけるサービスの提供を目指し、より一層精進して参ります♪
 日本人の中国全土への個人旅行を全力で応援します。

戦国時代の「美酒」が里帰り 中国最古の酒、鑑定終え地元へ返還

【5月10日 Xinhua News】中国の戦国時代(紀元前475年~同221年)に造られたとされる「美酒」が里帰りした。「美酒」は2009年に陝西省宝鶏市(Baoji)眉県(Mei)教坊村で地面の掘削作業をしていた村民が偶然見つけた扁壺(へんこ、胴が扁平な容器)に入っていた。器物の鑑定を行った陝西省考古研究院によると、内部に残されていた液体は中国最古のエタノール(アルコール)類を含む液体であり、扁壺は戦国時代の青銅器で国家一級文化財だと判明した。同研究院は今月7日、器物の修復や研究作業が終了したことを受け、「美酒」の入った扁壺を出土地の眉県博物館に引き渡した。


 眉県博物館の劉懐軍(Liu Huaijun)副研究員によると、青銅扁壺は主に戦国中期から後期にかけて盛んに作られていた。同県で出土した扁壺は高さ35センチ、厚さ9センチ、本体の直径31センチ。表面には羽状飾が施され、秦の青銅器の典型的な特徴を備えていた。発見時には壺を軽く揺らすと中の液体が音を立て、酒に似た香りもしたという。


 劉氏はまた、「青銅扁壺には、中国でこれまでに見つかった中では最古のエタノール類を含む液体が入っていた。中国の考古学分野で酒の発見の歴史が少なくとも200年さかのぼることになる」と語った。(c)Xinhua News/AFPBB News