西安金橋国際旅行社(中国金橋国際旅行社西安支社)

中国西部、内陸、歴史を語る遺蹟情報満載!

 西安金橋国際旅行会社<中国金橋国際旅行会社西安支社>(国家旅遊局授権国際旅行業務資格登録番号:L-SNX-GJ00011)  
 「安心と信頼の金橋」 中国金橋国際旅行会社は1984年に設立された中国第一類旅行会社です。中国全国に支社が約30社あり、英語、日本語、フランス語等、多くの優秀なガイド、通訳がいます。 「お客様第一」、「サービス第一」が弊社のモットーです。
 特に西安金橋国際旅行会社<中国金橋国際旅行会社西安支社>は西安を中心に中国西部、内モンゴル(フフホトなど)、山西省(運城など)、河南省(洛陽など)、四川省(広元など)、陝西省(西安、宝鶏、延安、楡林など)、寧夏自治区(銀川など)、甘粛省(蘭州、武威、張掖、嘉峪関、敦煌など)、新疆ウイグル(ハミ、トルファン、ウルムチなど)、青海(西寧など)、チベット自治区(ラサなど)などの歴史を語る遺跡、シルクロード遺蹟、三国志遺跡、仏教石窟寺院遺跡、唐代大詩人の足跡などを辿る格安観光旅行サービスを提供しております。
 豊富な経験と実績を誇る西安金橋国際旅行会社<中国金橋国際旅行会社西安支社>は格安旅行を安全かつ円滑に実施するよう努めております。中国内陸の旅は安心・安全・信頼・格安の西安金橋国際旅行会社にお任せ下さい。詳しくはメールにてお気軽にお問い合わせ下さい!
 世界中を網羅していることでも有名な「地球の歩き方」にも弊社が掲載されています。(2014-2015年版、2016-2017年版、2018-2019年版「地球の歩き方 西安 敦煌 ウルムチ シルクロードと中国西北部」の旅行会社の案内欄に掲載して頂きました。)
 これを励みに、今後もお客様にご満足いただけるサービスの提供を目指し、より一層精進して参ります♪
 日本人の中国全土への個人旅行を全力で応援します。

咸陽市で五胡十六国時代の密集墓見つかる 陝西省

中国の陝西省考古研究院は2017年から18年にかけ、西咸(せいかん)新区の空港新城雷家村で五胡十六国時代(304~439年)の墓葬の発掘調査を行いました。省内の咸陽原(かんようげん、咸陽市北部の高地)で同時代の墓が密集した形で見つかったのは今回が初めてだと言うことです。

墓地は咸陽市でも標高の高い北原地区にあり、古代に墳墓が密集して築かれたエリアに位置しています。咸陽地区は五胡十六国時代に前後して前趙、後趙、前秦、後秦、大夏などの王朝の支配を受け、うち3つの王朝が長安(現在の西安)に都を定めました。都の周辺にある咸陽は重要な墓葬地区とされました。

同研究院の劉呆運(りゅう・ぼううん)研究員によると、墓地には12基の墓があり、南北に6基ずつ2列に分かれています。副葬品は陶器が中心で少量の銅器や鉄器も出土しました。また、同時代の墓地としては初となる祭祀遺跡と穀類遺物も見つかりました。


 劉氏は「墓の配列から完全な状態で残された家族墓地だと確定できます。今後はDNA鑑定により埋葬者間の関係を明らかにしていく」と述べ、今回の発見により咸陽原の五胡十六国時代の墓葬に関する資料が充実し、陝西省関中地区の同時代の墳墓研究が進展したと述べました。