西安金橋国際旅行社(中国金橋国際旅行社西安支社)

中国西部内陸歴史を語る遺蹟情報満載!

 西安金橋国際旅行会社<中国金橋国際旅行会社西安支社>(国家旅遊局授権国際旅行業務資格登録番号:L-SNX-GJ00011)  
 安心と信頼の金橋 中国金橋国際旅行会社は1984年設立された中国第一類旅行会社です、中国全国に支社が約30社もあり、英語、日本語、フランス語などの多くの優秀なガイド、通訳者がいます。 「お客さんを第一」、「サービスを第一」が弊社のモットーです。
 特に西安金橋国際旅行会社<中国金橋国際旅行会社西安支社>は西安を中心に中国西部、内モンゴル(フフホトなど)、山西省(運城など)、河南省(洛陽など)、四川省(広元など)、陝西省(西安、宝鶏、延安、楡林など)、寧夏自治区(銀川など)、甘粛省(蘭州、武威、張掖、嘉峪関、敦煌など)、新疆ウイグル(ハミ、トルファン、ウルムチなど)、青海(西寧など)、チベット自治区(ラサなど)などの過去の歴史を語る遺跡、シルクロード遺蹟、三国志遺跡、仏教石窟寺院遺跡、唐代大詩人の足跡などを辿る格安観光旅行サービスを提供しております。
 豊富な経験と実績を誇る西安金橋国際旅行会社<中国金橋国際旅行会社西安支社>は格安旅行を安全かつ円滑に実施するために力を入れております。中国内陸の旅は安心・安全・信頼・格安の西安金橋国際旅行会社にお任せ下さい。詳しくはメールにてお気軽にお問い合わせ下さい!
 世界中を深く案内してくれることでも有名な「地球の歩き方」にも弊社を掲載させていただきました。2013-2014年版、2016-2017年版、2018-2019年版「地球の歩き方 西安 敦煌 ウルムチ シルクロードと中国西北部」の旅行会社のご案内欄に掲載をさせて頂きました。
 これを励みに、今後もお客様にご満足いただけるサービスの提供を目指し、より一層精進して参ります♪
 中国西部現地旅行社(中国全土旅行代理店):西安金橋国際旅行社
 担当者:倪小軍、電話:0086-29‐83710118、携帯:0086-137‐7219‐2936(24時間)
 住所:中国陝西省西安市西大街安定広場4-3-418、3-A-503
 メールアドレス:xiaojunn@gmail.com(日本語可)
 お客様からの声:http://www.goods568.com/voice/guestvoice.htm
 お役立ち西安旅行観光情報満載ブログ:
 http://d.hatena.ne.jp/xiaojun/
 http://d.hatena.ne.jp/xian_golden_bridge/
 https://wagamamatabi.muragon.com/

2020年代の中国経済リスクと日中関係の展望 遣唐使の文化交流から日中経済ウィンウィン関係の新時代へ


サンタクロースの帽子をかぶったチョコレートの「兵馬俑(Terracotta Warriors)」


1.古都の地、西安を訪問


 4月7日から12日まで陝西省の西安市を訪問した。


 普段の経済調査目的の出張では中国の中央・地方政府関係者や日本企業との面談、経済開発区などの視察だけで観光地を訪問することはないが、今回の出張は日本企業の役員・部長級の研修への随行だったため、久しぶりに古都長安のいくつかの名所旧跡を訪問する機会を得た。


 西安には1992年10月の天皇皇后両陛下のご訪中(北京・西安・上海の3都市をご訪問)の際に北京大使館員として随行したため、現場の事前確認なども含めて何度か市内を歩き回ったことがあった。


 それ以後数回西安に出張したが、空海が修業した青龍寺、阿倍仲麻呂の記念碑のある興慶宮公園を訪れたのは24年ぶりだった。


 24年前には中国がこれほど急速な経済発展を遂げるとは全く予想していなかった。まして鄙びた地方都市だった西安が中国の経済発展をリードする主要都市になるとは想像もつかなかったことである。


 その西安の地で久しぶりに文化交流の旧跡を再訪し、2人の遣唐使の偉大な貢献に思いを馳せた。2人とは比較にならないにせよ、日中関係の改善と両国のウィンウィン関係の構築促進を目標として自分自身の努力を継続する思いを新たにした。


 今回の西安訪問時に面談したある政府関係者が、「日中関係はこの20年ほど難しい状況にある。しかし、その前の2000年はいい関係がずっと続いていた。


 遠くない将来に元の状態に戻るはずだ」と語ってくれた。私も期待を込めて、その見方に賛成したいと思った。