中国歴史の勉強になる旅行

こんにちは、西安金橋国際旅行社の担当者、倪と申します、皆様に中国史の勉強になる旅を少しずつご紹介致します、
何かご希望(ご要望・リクエスト)もございましたら、お気軽にxiaojunn@gmail.com までお声をおかけくださいませ。

漢陽陵漢景帝

漢陽陵漢景帝(前188-前141)は文帝の子で母は竇皇后。前157年、32歳のときに皇帝となった。16年間在位し、前141年に未央宮で亡くなると陽陵に葬られた。 文帝、景帝時代の約40年間は政治は安定し、社会も持続的に発展していたので後に「文景の制」と称えられた。 景帝は在位中に「与民休息」政策を実行し、農業を奨励し、産業を発展させた。 御史大夫の晁錯の建議によって「削潘」を実行し、「呉楚七国の乱」を平定すると中央集権体制を強化して政権を確固のものとした。 漢景帝陽丘陵は咸陽市の東部の渭城区正陽郷張家湾の北、咸陽にある9つの前漢帝陵の中で最も東、西安から22キロメートルの場所にある。 陽陵は漢景帝と皇后の夫婦を合葬した陵園で、帝陵は西、皇后陵は東にあり、その間隔は400メートル。陵墓は4角錐台形の“覆斗形”を呈する。 現在、4つの坑から陶俑300体、木車と鉄器、農機具、貨幣が数百発掘されている。 陶俑の体形は細長くて、均整がとれており、形や表情は一様でなく、年齢や性格の違いがはっきり現れており、写実的で優れた芸術品である。漢陽陵博物館入場料:90元(15分間ぐらいのレーザー映画、漢陽陵地上陳列館と漢陽陵地下博物館、二つ部分になっております、所要見学時間:1時間半)、開放時間:8:30-17:00、乗車路線: 大唐芙蓉園から遊4路バスが漢陽陵直行、車をチャーターして近くの劉邦と呂皇后の墓なども行ける,チャーター車はxiaojunn@gmail.comまでご連絡下さい。