中国歴史の勉強になる旅行

こんにちは、西安金橋国際旅行社の担当者、倪と申します、皆様に中国史の勉強になる旅を少しずつご紹介致します、
何かご希望(ご要望・リクエスト)もございましたら、お気軽にxiaojunn@gmail.com までお声をおかけくださいませ。

興教寺

興教寺は西安から20キロ離れた長安県の少陵原にあり、近くに樊川を望み、神禾原を隔てて、遠く終南山を眺望する高台にあります。この寺 も『西遊記』ゆかりの唐代高僧、玄奘(三蔵)法師の遺骨を移葬し、供養するために、唐の第三代皇帝高宗によって総章二年(669年)に建立された有名な寺です。玄奘(三蔵)法師は唐の麟徳元年(664年)に入寂しました。当時、玄奘(三蔵)法師の遺骨は西安東郊外の東鹿原に埋葬されていましたが、あまりにも皇身やに近く、それを見るたびに心を痛めた高宗皇帝は総章二年になって樊川少陵原のこの地に改葬しました。その後、唐の粛宗皇帝李亨がこの寺に参拝した際に「興教」という題字を書いて掲げたので、以来、この寺は興教寺と呼ばれるようになりました。 境内には玄奘(三蔵)法師の墓塔を中央に、その高弟の窮基(西遊記の人物、猪八戒)の墓塔と円測(朝鮮人、西遊記の人物、沙悟浄)の墓塔が左右に立っています。二人の高弟の塔は恩師に会釈するかのように少し前傾しています。この寺は三基の舎利塔があるため、名高く、また、樊川八大寺院としても知られます。当時は寺に立派な塔、殿、堂、楼などが建立されて美しい寺でした。しかし、100年ほど前に、戦乱のため、三基の塔を残して。ほかの堂、殿などはすべて焼失しました。その際、粛宗の書いた興教の扁額も焼失しましたが、その後、再度にわたる修理が行われました。この時、清の光緒帝時代の政治家である康有為が書いた「興教寺」の扁額が掲げられて。今日に至っています。この書は「有為」が朱書になっています。 今日では木立に囲まれた静寂な境内に高さ23mの玄奘舎利塔をはじめ、大雄宝殿、法堂、蔵経楼などの伽藍があり、美しいたたずまいとなっています。大雄宝殿には本尊釈迦如来坐像があります。この金銅仏像は清代のもので、台座は三種の千体仏でできた珍しいものです。また、この中に多くの仏像が祀られています。法銅の須弥壇には、まず本尊の前に安置されている高さ30cmの小さな清代の白玉仏があります。釈迦三尊は上下二段があり、上段は明代のもので、この寺で最も古い像です。また。西方三聖像、観音菩薩像、清代の彩色仏画と中国仏教八大宗派の歴史の説明書もあります。蔵経楼は二層の建物で、その二階には宋代に印刷された一万巻近くの大蔵経などの仏典が納められています。住所:西安市長安県社曲少陵原 電話:029-5937335 開放時間:8:00-17:00 入場料: 元 。乗車路線:直行する57路バス、または、南門の始発で215路、219路に乗り、長安区で乗り換える。車をチャーターして近くの草堂寺や香積寺なども行けるからチャーター車はxiaojunn@gmail.comまでご連絡下さい。