中国歴史の勉強になる旅行

こんにちは、西安金橋国際旅行社の担当者、倪と申します、皆様に中国史の勉強になる旅を少しずつご紹介致します、
何かご希望(ご要望・リクエスト)もございましたら、お気軽にxiaojunn@gmail.com までお声をおかけくださいませ。

西安の概況

西安市は中国の西に位置します、悠久の歴史を持つ近代的な大都会である。黄河<黄色い川>流域の関中<関所の真ん中>平野の中部にある西安<昔の長安>は南に秦嶺山脈、北に胃水が流れ、気候が季節風のため、温帯の半湿潤性のものである。季節がはっきりしており、温和の気候に恵まれている長安は、年間平気気温は13度で、寒い冬以外のシーズンはすべて観光に適している。
西安は古くは長安といわれ、シルクロードの起点であって、イタリアのローマ、ギリシアのアテネ、トルコのイスタンブルとともに世界四大古都と称されている。
西安はすでに3100年あまりの歴史があり、周、秦、漢、唐など13の歴代の王朝がここに都を定め、その歴史が計1100年もある。周、秦、漢、唐の時代には、西安は中国の政治、文化、そして対外の交流の中心であった。漢唐時代の長安城は、東洋と西洋を結びつけるシルクロードの起点となり、各地からの賓客がここに雲集し、まさに万方幅輳の国際的な大都会であった。「東に長安、西にローマ」との言い伝えが世界の歴史における西安の役割を評価するもとっもふさわしいものである。
この生き生きと活力に富んだ都は、輝かしい歴史と数多くの文化遺産を誇り、さらに整備されつつある都会のインフラ、ハイテクな情報サービス機能など、日進月歩に発展する近代的な大都会の姿と未来像を世界に示している。100以上の国内国際航空ラインを持つ西安国際空港は、西安を中心とする「米」字形の光ファイバーをもとに、マイクロ波や衛星通信、コンピューターなど公衆情報の地域ネットワークが型作られ、国際社会との情報交換に一層便宜を図ったのである。西安の科学教育における優位をさらに発揮させるハイテク技術産業開発区など近代化産業地帯の建設や林立する高級渉外ホテル、健康で多彩なレクリエーション、観光グッズなど品品を揃える快適なショッピングセンター、国の内外で好評されるグルメなど、国内外の観光客を魅了している